コラム その7

◆その7

「名義預金」とは、預金口座の名義がその預金の原資を出資した人ではない口座をいい、

被相続人が自分ではなく配偶者や子供の名義で口座を作った場合に問題となります。

特に相続人に資力がない場合は、課税当局から厳しく追及されます。

相続税を少なくしようと自分の財産を子供名義にしているケースが多々ありますが、腕

の良い調査官であれば、すぐに見抜かれるといってもよいでしょう。