ご挨拶

お客様に喜んでもらえ、共に歩み、本当の相談相手として問題を解決する。
それが、当事務所の方針です。相談の暁には、家族の明るい未来が見えてきます。

相続資産運用対策にプロの視点

財団法人日本不動産研究所、会計事務所を経て、開業以来26年余りになりますが、現在まで私は相続税の申告、広大地評価、不動産鑑定評価 1,800件以上の鑑定実績、数々の相続税の申告を経験しました。その中身を見ますと、相続財産のうち、土地の割合が50%あまりを占めています。相続税評価時いかに土地の評価が重要であるか理解できると思います。私は不動産鑑定士・税理士として不動産の評価、税務の両側面に対して大変明るいのが特色です。相続(争族)対策、事業継承ならびに納税資金の準備など総合的に立案します。

小林千秋
不動産鑑定士・税理士
小林千秋

私どもは、お客様の大切な資産を守ると同時に資産税のプロフェッショナルの集団として、相続税の申告はもとよりオーナー様の立場から借主に対して家賃鑑定も行います。
また、お客様のニーズは、複雑多岐に渡っています。従って、高度に専門的な多くの能力を持った専門家集団として、税理士・不動産鑑定士はもとより弁護士、司法書士、土地家屋調査士、一級建築士など各専門家と提携し、どのような案件についても瞬時にお答えしております。

プロフィール

昭和25年 5月:新潟県長岡市に生まれる。
昭和48年 3月:明治大学商学部商学科卒業
昭和57年 3月:明治大学大学院卒業
昭和63年10月:税理士登録(登録番号:65720号)
平成元年 3月:不動産鑑定士登録(登録番号:4878号)
平成元年 4月:小林千秋税理士・不動産鑑定士事務所開業、横浜総合コンサルティング開業
平成14年11月:不動産鑑定事務所を法人化、有限会社横浜総合コンサルティング設立
現在に至る。

所属団体